ED治療薬には様々な種類がありますが、その中には成分が同一なのに名前だけが違うものがあります。それはジェネリック医薬品と呼ばれるもので、特許の関係などで名前が違うだけで成分が同じで価格が安いのが特徴です。バイアグラとカマグラは同一の成分が含まれているので、どちらを選んでもほぼ同じ効果を体感できます。

不安を持つ女
  • ホーム
  • カマグラの効果と服用注意について

カマグラの効果と服用注意について

心配する女性

勃起不全(ED)の大きな原因の一つとして挙げられるのが、ホスホジエステラーゼ5と呼ばれる酵素です。
勃起は海綿体平滑筋が緩み、血管が広がることで起こります。
そして海綿体平滑筋を緩めるために必要となるのが、cGMPと呼ばれる成分です。
しかしホスホジエステラーゼ5はこのcGMPを分解してしまいます。
すると海綿体平滑筋が十分緩まず、陰茎の血流が悪くなり、勃起が起こりにくくなってしまうのです。

そこで登場するのが「カマグラ」です。
カマグラの主成分シルナデフィルには、ホスホジエステラーゼ5の分泌を抑える効果があります。
ホスホジエステラーゼ5の分泌が抑えられることでcGMPが正常に働くようになり、海綿体平滑筋も緩むようになります。
そうすれば血管も開きやすくなり、勃起が起こるようになるのです。

ただしカマグラを服用する際、注意したいのが服用するタイミングです。
カマグラは効果が出るまで1時間程かかります。そのため性行為の1時間前には服用するようにしましょう。

またカマグラの成分は、腸から吸収されます。
腸から吸収される薬の場合、食後に服用すると胃で食べ物と一緒になり、腸に届くまで時間がかかってしまいます。
服用する際は食事から時間を空けて飲むようにしましょう。

そしてカマグラを服用する際、最も気をつけたいのが併用禁忌薬です。
この薬は血流を良くする効果があります。
そのため降圧剤等、血流を良くする薬や血圧を下げる薬と一緒に飲むと、血圧が下がりすぎてしまいます。
特に狭心症や心不全の特効薬として使われるニトログリセリンと併用すると、血圧が一気に低下。最悪の場合死に至ることもあります。
そのため血圧の薬や心臓病に関わる薬を飲んでいる場合は、必ず医師と相談してから飲むようにしましょう。

なおカマグラは錠剤の場合、50mgか100mgが多いです。
一度に服用する量が多すぎると、血流が急に良くなることでめまいや頭痛といった副作用が生じる恐れがあります。
特に100mgは体格の大きい人を対象とした量です。
服用する際はピルカッターで調節し、自分の体格に合った用量を服用するようにしましょう。

カマグラ1錠の用量が多い時はピルカッターで調節

カマグラを服用する際は、1日1回適量を服用する様に心掛ける事が大事です。
中にはより高い効果を得ようと考え、1度に大量に摂取しようと考える人もいます。
ですがカマグラを多く服用すれば、それだけ効果が高まる訳ではありません。
必要以上に服用すると身体に負担が掛かり、重い副作用が生じる恐れがあるので注意が必要です。

もっとも摂取すべき用量というのは、体格や体質により違って来るのでその点には注意が必要だったりします。
なのでまずは自分に合った量を、慎重に探るという方法がおすすめです。
そもそもカマグラはホスホジエステラーゼ5の分泌を抑えたり血流を改善する効果を得られると共に、それなりに身体に負担を掛けてしまう恐れがあります。
お陰でカマグラの効果に興味があるものの、副作用の問題が気になる人は少なくないです。

身体への負担に不安を感じる人は、少量から摂取し始めるという方法がおすすめ出来ます。
もっともカマグラを錠剤で購入するとなると、50mgと100mgが基本です。
ですが50mgでも身体への負担はそれなりに心配なので、まずはその半分の25mgから始めて様子見をするというやり方がおすすめ出来ます。

まずは50mgの錠剤を購入した上で、ピルカッターを使用して錠剤を半分に切る事で25mgの錠剤にする事が可能です。
この様にピルカッターを使用する事で、簡単に用量の調節を行い少量から試す事が出来ます。
副作用の問題等体調面に不安を感じている人は、この方法で25mgから始めて問題がない様なら徐々に増やして行くべきです。

ただし心臓病でニトログリセリンを飲んでいる人は、25mgの少量でも身体に負担が掛かり過ぎる恐れがあります。
少量だから大丈夫だと自己判断しないで、必ず医師にカマグラの服用が可能かどうかを相談しなければなりません。