ED治療薬には様々な種類がありますが、その中には成分が同一なのに名前だけが違うものがあります。それはジェネリック医薬品と呼ばれるもので、特許の関係などで名前が違うだけで成分が同じで価格が安いのが特徴です。バイアグラとカマグラは同一の成分が含まれているので、どちらを選んでもほぼ同じ効果を体感できます。

不安を持つ女
メガネをかける男性

今、EDに悩む男性の数が増加しているためED治療薬に興味を持つ方も多くなっているでしょう。
しかしながら、そうでない方も女性でも知っている世界的に有名なED治療薬があります。
それがバイアグラです。
その他にもさまざまな薬があり、日本でもそのほかに2つの薬が認可されているにも関わらず、その人気が衰えることはありません。
問題があると言えば価格の高さでしょうか。
カマグラと同じ効果が得られて、それでいて安い薬をと望む方も多く、カマグラも同じく人気が高い商品となっています。

インドでカマグラの開発が行われた

カマグラはインドの製薬会社アジャンタ・ファーマ社が開発した薬です。
インド製というと日本で作られたものと比べて安全性に問題がありそうですが、アジャンタ・ファーマ社は世界的にも知名度があり、バイアグラ同様多くの方々が愛用しているため安心感も高いです。
バイアグラのジェネリック医薬品となりますから有効成分はシルデナフィルです。
同じ効果効能を得ることができるのです。それでいて、日本国内では流通していません。

カマグラはジェネリックなので安く手に入ります。それだけではなく、カマグラならではの魅力はあります。
バイアグラの場合は錠剤タイプしかなく人によっては飲み込むのが困難だったりする場合もあるでしょう。
一方のカマグラは、錠剤を水に溶かして飲むタイプや噛んだり口の中で溶かすタイプなど、剤形がさまざまあるのです。
ライチ・グアバ・キャラメル・ラズベリー・キウイ・いちじく・グリーンアップルなど味の展開があるので飽きることなく楽しむことができるのです。

ジェネリック医薬品というのは新薬が出て20年ほどの年月が過ぎて特許期間が終わってから、同じ効果効能で出てくる後発医薬品です。
バイアグラはファイザー社が開発した新薬です。それと同じ有効成分が使われていることから同じ効果効能を得ることができるのです。
ただ、ジェネリック医薬品と紹介されている場合もありますが、正確にはジェネリックとは言えません。
なぜならファイザー社の特許が切れる前にすでに出されてしまった薬だからです。
インドの法律に基づいて作られたもので、インドでは問題なく、製品を輸入している国も多くあります。

しかし日本の法律的には認められないからということで、バイアグラのコピー版としての地位しかなく、日本国内では流通することは将来的にもないでしょう。
ただ、多くの国の人が問題なく使用しているのですし、日本にいても個人輸入代行業者を通じて手に入れることはできます。
信頼できる業者から手に入れれば、十分安全に効果を得ることができるのです。

カマグラを調べているとカマグラゴールドというのも見つかるはずです。
「ゴールド」と付くほうがより効果が高そうに見えるでしょうが、実は同じものです。
インド国内で流通している商品が「カマグラ」であり、インド国外に販売されるものを「カマグラゴールド」というように、物流の関係で名称を分けているに過ぎません。

カマグラの副作用もバイアグラと同じ?

日本で第1のED治療薬として承認されているバイアグラですが、使用者の9割以上に副作用が出る薬です。
血液のめぐりが良くなるため、全身のあらゆる部分で充血し、顔の火照りや頭痛・動悸などさまざまな作用が起こります。
血圧が急に下がることからめまいを起こす方もいます。

バイアグラは使用して30分から40分ほどすると効果が実感できるようになり、1時間程度でピークを迎えます。
そこから持続時間は4時間から5時間程度と言われているものの、5時間もするとピーク時の半分程度の効果しかないため、できれば性行為を行う1時間前に照準を合わせて使用するのがよいとされています。
副作用が出てくるものの、それほど重篤な作用が起こることはほとんどありません。
それに、副作用だって1時間後をピークに少しずつ落ち着いていくのです。後遺症が残ることもありません。
併用が禁忌とされる薬と一緒に使用したり、とにかく高い効果を求めて過剰摂取したりしない限りは副作用90パーセントとは言っても過剰に恐れる必要はないのです。

一方のカマグラも、使用することでシルデナフィルの作用で血管が拡張され血液のめぐりがよくなります。
そのため、同じく副作用90パーセントです。
剤形によって体内への吸収率が若干違ってくるため、バイアグラと同じように1時間後をピークとは限らないものの、同じように少しずつ症状は落ち着いていくはずです。
安心して使用してください。

ただし、病院やクリニックで医師が処方してくれるバイアグラと違って、カマグラは自身で個人輸入代行業者を通じて手に入れます。
薬の使用方法についての説明や気をつけなければならない点は自身で調べなければ誰も教えてくれないのです。
誤って併用禁忌の薬を口にしてしまった場合、最悪命を落とすことになってしまいます。
代行業者の中には悪徳業者も存在しており、成分が入っていなかったり入りすぎている偽薬や劣悪な環境の元で作られた何らかの菌が入ったような薬を気が付かずに使用してしまわないとも限りません。
その結果、副作用が強く出る危険性もあるのです。

自分で手に入れる以上は何かあっても自己責任です。だからこそ、気をつけなければならないのです。
信頼できる薬を手に入れ用法容量を守れば大丈夫です。

カマグラ1錠当たりの価格について

人気の高いバイアグラですが、新薬だけに決して安いとは言えません。バイアグラを作り出すために、多くの時間と開発費がかかっています。
世界で初めてのED治療薬ですから医療関係者にその存在や使い方を知らしめるために広告宣伝費もたくさん必要となったでしょう。
その1錠を生み出すために多くの努力が必要となったからこそ、50mg錠1錠が1500円から2000円という価格になったのです。

ただし、バイアグラは病院やクリニックで処方されるもの保険の適用はなく自由診療扱いとなります。
そのためこの価格はあくまで平均値です。場合によってはそれよりも安く手に入ることもありますが、それよりも高くなることだってあるのです。

一方のカマグラは50mg1錠500円から600円程度と激安です。
なぜならすでにファイザー社が苦労して生み出した薬を真似するだけですから、開発費はそれほど必要ありません。
すでに世界中に多くの愛用者がいる商品だけに、わざわざ広告宣伝しなくとも同じ成分で効果効能も同じ、それでいて激安というだけで人々は飛びつくのです。
だからこそ、これほどの価格差が生まれたのです。

薬によっては何度か使用している間にその薬に対する耐性ができてしまって効かなくなったり、依存症が出てくるものもあります。
しかしながらバイアグラやカマグラはそういったことはありません。
毎日のように使っていても効果が薄まったりきかなくなることはありませんし、依存症になることもないのです。
むしろ、飲めば飲むほどED改善の方へと体が変化していくのです。

人間にとって性行為は単なる生殖としての役割だけでなくパートナーとの間を円滑に保つために、男としての自信を付けるためにも有効です。
だからこそ、年齢に関係なく生涯現役でいたいとずっと飲み続ける方も多いでしょう。
そんなときに、1錠当たり2000円を続けるのは経済的に苦しいものです。
それよりも、1錠500円のカマグラでお金を気にすることなく毎回使えるようにしましょう。

EDのための薬ですから病院で診てもらうのは恥ずかしいものですが、ネットでの購入であればプライバシーも守られます。
それに恥ずかしい思いをすることなくまとめ買いだって可能なのです。
性行為をする30分前には必要となります。いざというときに本領を発揮できるよう、持っておくとおすすめです。